「運がいい人」になるための小さな習慣6選!!

wata mako
超ネガティブだった私がポジティブ思考に至るまでの情報発信をしていきます。

資格は【認定心理士】/【教員免許 高校『福祉』】/【ITパスポート】等

認定心理士の資格を持っています。

多くの人が『健康に』『ポジティブに』『幸せに』なれますように

今現在、ポジティブ思考回路で毎日楽しく過ごせております。☺️
どうぞよろしくお願いします。

PR

「運が悪い」と感じる多くの人々が、運の改善に関心を寄せています。

しかし、実際に運を切り開いている人たちは、自分の思考や行動が運に影響を与えることを理解し、小さな習慣を通じて運を味方につけています。

この記事では、成功者たちの共通する習慣や思考パターンを探り、その中から運を改善するための方法を見つけ出します。

成功者たちが実践している「小さな習慣」を通じて、運の流れを変え、豊かな人生を手に入れるためのヒントを提供します。

目次

あなたは本当に運が悪い?

「運が悪いなぁ」と感じている人々は少なくありません。しかし、運は実は自分で高めることができるものです。成功者たちは、運が良いと思えるようになるために、「自分の思考と行動が運に影響を与える」という事実を理解し、その力を最大限に活用しています。では、その成功者たちが実践している「小さな習慣」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

運を良くする小さな習慣とは?

それは、たった1分の時間を使った小さな習慣です。たとえば、毎日1分だけ特定の習慣を積み重ねることで、あなたは自身の仕事に対する情熱を高め、経済的な不安を軽減し、幸福な家庭を築く理想的な人生を手に入れることができるのです。人は「少しずつ」変わることができます。そして、その小さな変化が、やがては大きな成功につながる可能性があるのです。

運を良くする成功者の習慣

成功者たちを観察すると、彼らには共通するパターンが見えてきます。まず、彼らは常に「可能思考」で物事を考えます。どんな困難な状況でも、「どうすればできるのか」を考え、積極的な行動に移すことを怠りません。さらに、成功者たちは「コンフォートゾーン」、つまり快適な状況にとどまることを嫌います。自分が慣れ親しんだスタイルにこだわるのではなく、新しい挑戦に積極的に取り組みます。そして、彼らにとって行動こそが重要で、PDCAサイクル(Plan=計画、Do=実行、Check=評価、Act=改善)のうち、「実行」と「評価」を特に重視します。行動することで新たな発見や学びが生まれ、運も自然と好転していくのです。

見直すべきは「習慣」

「心が変われば態度が変わり、態度が変われば行動が変わり、行動が変われば習慣が変わり、習慣が変われば人格が変わり、人格が変われば運命が変わり、運命が変われば人生が変わる」

という言葉がありますが、この中で特に注目すべきは「習慣」です。習慣とは、思考や行動をルール化することを指します。

成功者たちの思考や行動を「習慣=ルール」として日常生活に取り入れることで、心や態度が変わり、運の流れが変わり、人生そのものが変わっていく可能性があるのです。

成功者たちの思考と行動パターンとは?

そこで、成功者たちの思考と行動パターンを徹底的に観察し、それを習慣としてリスト化してみました。

そして、そのリストを見たとき、驚くべきことに気付いたのです。

それは、成功するための方法が非常にシンプルで、誰にでも適用可能なことがほとんどだったということです。成功するために必要なのは、たった一つのこと、それは「自分は運がいい」と声に出すことです。

「自分は運がいい」と言ってみることが、成功への第一歩

成功への第一歩として「自分は運がいい」と言ってみることが重要です。声に出すことで、自分の心が軽くなり、前向きな気持ちが芽生えます。ポジティブな発言は自己効力感を高め、成功に近づく一助となるのです。

古くからインドに伝わる「ジュガール」

成功への第一歩として「自分は運がいい」と言ってみることが重要です。声に出すことで、自分の心が軽くなり、前向きな気持ちが芽生えます。ポジティブな発言は自己効力感を高め、成功に近づく一助となるのです。

さらに、古代インドから伝わる「ジュガール」という思考法があります。ジュガールは、目の前の困難を解決するための思考法で、以下の7つの要素に集約されます。

少ない力で多くの利益を得る

自分の枠を超えた発想で考え、行動する

やわらかな頭で考えてピンチをチャンスにする

シンプルに考える

決してあきらめない

自分を抑えつけない

自己効力感を大事に育てる

これらの要素を活用することで、成功者たちは運を切り拓き、困難を乗り越えています。

自己肯定感を高める

また、運がいい人になるための「小さな習慣」の一つとして、自己肯定感を高めるための言葉の力が挙げられます。

日本においては、言葉には特別な力があると信じられており、「言霊」という言葉が存在します。

頭の中で考えるだけでなく、言葉に出して発することで、その言葉に力が宿ります。

自分が期待する言葉を発することで、自身のパフォーマンスを向上させることができるのです。

ポジティブな言葉は、前向きな気持ちを醸成し、成功への自信を高めます。

さらに、ポジティブな言葉を発することで、人は前向きになり、目標を設定しやすくなります。

目標を言葉にすることで、その達成方法を具体的にイメージしやすくなり、可能性を広げるのです。ポジティブな言葉は、可能思考を育む鍵となります。

成功者たちが実践しているもう一つの習慣は、他人に助けを求めることです。

自己肯定感を高め、可能思考を身につけるために、他人の知識や経験を借りることは非常に有効です。

周りの人々に助けを求める

人は協力することで、新たな視点やアイデアを得ることができ、問題を解決しやすくなります。

成功者たちは、困難な状況や課題に直面した際に、一人で抱え込むのではなく、周りの人々に助けを求めます。そして、その協力を通じて、問題を解決し、成功への一歩を踏み出すのです。

「しなくてはならない」を「やりたい」という考えに変える

さらに、成功者たちは「しなくてはならない」という負担となる考え方を「やりたい」という前向きな思考に変える習慣も持っています。

物事を楽しむこと、興味を持つことが、可能思考を育む重要なキーワードです。

何かを「しなければならない」と思うと、ストレスや抵抗が生まれますが、それを「やりたい」と考えることで、心の負担が軽減され、前向きな気持ちが生まれます。

考え方をポジティブに変えることで、物事を楽しむ姿勢が養われ、やりたいというモチベーションが高まります。その結果、成功者たちはやりたいことに対して情熱を持ち、継続的な努力を惜しまないのです。

ネガティブを断捨離する

また、ネガティブな要素を断捨離することも成功者たちの習慣の一つです。

ネガティブな情報や関係性、経験から距離を置くことで、ポジティブな環境を整えます。

例えば、SNSの情報やネガティブな人間関係を断ち切ることは、心の安定と前向きな考え方を促進します。ネガティブな要素を排除することで、自然と運が良くなり、成功に向かって進む力が高まるのです。

運がいい人になるための「小さな習慣」

まとめると、運を切り開くための小さな習慣は、次のように要約できます。

  • 自分は運がいいと声に出す。
  • ジュガールの7つの要素を実践する。
  • ポジティブな言葉を発する。
  • 他人に助けを求める。
  • 「しなくてはならない」という考え方を「やりたい」と変える。
  • ネガティブな要素を断捨離する。

まとめ

今回は「「運がいい人」になるための小さな習慣6選」について解説しました。

これらの習慣を実践することで、運を良くする一歩を踏み出すことができます。

成功者たちはこれらの習慣を日常生活に取り入れ、自身の人生を変えてきました。

あなたも少しずつこれらの習慣を身につけ、成功への道を歩んでみてください。

日々の積み重ねが、豊かで成功に満ちた人生への鍵となるでしょう。

参考

著者 サチン・チョードリー

「「運がいい人」になるための小さな習慣 世界の成功者が実践するたった1分のルール」より

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次