執着を手放すことで結婚できる人になる方法とは!?

wata mako
超ネガティブだった私がポジティブ思考に至るまでの情報発信をしていきます。

資格は【認定心理士】/【教員免許 高校『福祉』】/【ITパスポート】等

認定心理士の資格を持っています。

多くの人が『健康に』『ポジティブに』『幸せに』なれますように

今現在、ポジティブ思考回路で毎日楽しく過ごせております。☺️
どうぞよろしくお願いします。

PR

「執着」なんて私は持ってない!って思っているかもしれません。

しかし、人は何らかの執着を持っているものです。

その執着にまずは気づき、理解し、手放すことで人生がそして、プライベートも恋愛もうまくいくのです。

今回はその執着を手放す方法について解説していきたいと思います。

目次

執着とは

執着とは、一定の「人」や「お金」あるいは「状況」に心がとらわれ、放れようとしない状態を指します。

「どうしても放れられない!」といった強い感情を伴わなくても、窮屈さ、自由のなさ、不安や怖れを感じながらも「何かをそのまま」にしているとしたら、あなたはその何かに執着しているかもしれません。

執着しているかぎり、誰もが人生に幸せを感じられないのです。

執着が、あなたが幸せになることをジャマしているのです。

執着で苦しむ人たちを助け、もう一度幸福になってもらい二度と執着をしないために・・・。

執着があなたを傷つける

「素敵な恋をしたい」

「家族や友人たちと、いつまでも幸せに暮らしたい」

「周囲に認められるような実績をあげたい」

私たちは誰もが、「私はこんなふうになりた!」という願望を持っています。

そして、それが生きる活力を生み出しています。

ところが、その思いかこじれ、困った事態を引き起こす原因になることがあります。

「素敵な恋をしたいが、かつての恋人が忘れられなくて、片思いで新しい恋が長続きしない」

「家族といつまでも幸せに暮らしたいが夫・妻親・子どもとの関係がしつくりいかず、イライラする」

そして、あなたひとりが傷ついてしまう・・・・。

そんな悲しい状況の背景には、多くの場合、「執着」という心のゆがみが濳んでいます。

「執着」には苦しみが、「こだわり」は喜びがある。

何らかの目的を果たしたいというこだわりを持つと、前向きに取り組みます。

それが達成できれはもちろん嬉しいし、失敗してどんなに悔しくても、そこには充実感があって、「もう一度トライしてみよう!」という気持ちが生まれます。

「こだわり」には希望も夢もあり、ポジティブな状態です。

一方、「執着」と、どのように違うのでしょうか。

「こだわり」と「執着」の違いは、そこに「喜び」があるか、「苦しみ」ばかりを伴うかにあるのです。

また、先に答えを言えば、執着は、あなたの「選択肢」を奪っていきます。

なので、執着を捨てることで、次のメリットがあります。

幸せになる「選択肢」をたくさん持つことができます。

執着の罠

チャンスを逃す

執着とは、あなたから選択肢を奪い、それ以外のものを目に入らなくさせます。

執着が強ければ強いほど、あなたは周囲が見えなくなり、その結果、さまざまな間題が生じてきます。

その1つが、チャンスがどれほど訪れても、取り逃がしてしまうということです。

あなたがよりよい方向に変化したいと望んでいるときに、執着が足を引っ張り、可能性の芽を摘んでしまうのです。

例えば、素敵な男の人が近づいて来ても、「新しい恋をしたい」という発言とは裏腹に、その人にまったく興味が持てません。

別れた彼以外の人が目に入らず、「彼じゃなきや、ダメ!」と、自分で制限してしまっているからです。

それは折角のチャンスを取り逃がすことになってしまうのです。

自分の幸せを後回しにしない

執着が引き起こすもう1つの間題、それは「幸福感を失ってしまう」ということです。

選択肢が奪われていると、あなたの行動がたった1つの選択に縛られ、自由がなくなることを意味します。

心からどんどん余裕が失われ、とても苦しくなってしまいます。

執着した状態では、たった1つしかないとあなたが思い込んでいるため、選択を失わないようにすることが最優先事項となります。

自分は幸せなのか、快適なのか、喜びを感じいるのか。そういったことが、すべて後回しに

なってしまうのです。

これがいわゆる「こだわり」ならば、プロセスがしんどくても喜びや楽しみがあり、その先に希望を見ています。しかし執着では、夢や希望は見えてきません。

また、執着は、本来の「つながり」を壊す原因になってしまいます。

まずは本当の「幸せ」を考える癖をつける必要があります。             

\ 初回利用は1000円分相談料が無料!/

執着しているものは何?

「~なければならない」は執着のサイン

執着は、恋愛関係だけでなく、夫婦、親子、友人など、あらゆる人間関係で起こり得ます。

また、お金や仕事のような経済的安定だけでなく、持ちもの、住まいや土地、さらには健康や時間など、ものや状況に対しても起きます。

ここであなたがどの程度執着を持っているかテストしてみましょう。

執着度のチェックテスト

  • 私をこれほど愛してくれるのは、あの人だけ → 恋愛
  • お金がないのって、絶対不幸 → お金
  • クビになったら、今の生活が成り立たない → 仕事
  • 車がないと、困る → 車
  • 「~は体にいい」と聞くと、試さずにはいられない → 健康
  • 「バツイチ」はありえない → 結婚
  • いつも忙しく、時間に追われている → 時間

一見すると、執着とは関係なく、意外に思えるかもしれません。

それぞれ「こうなりたい」ではなく、「こうでなければならない」、あるいは「こうであっては困る」という強い東縛が表現されているのです。

執着してしまう理由とは?執着する3つの原因

異性への執着は、さまざまな心理的な原因があるのです。以下に、執着の主な原因として考えられる3つの要因を説明します:

1. 不安や孤独感

執着的な行動は、不安や孤独感から生じることがあります。個人が感じる不安や孤独感は、他の人に依存しようとする原動力となり、その依存が執着につながります。異性に執着することで、自分の不安や孤独感を和らげようとするのです。

2. 過去のトラウマや失恋

過去の恋愛関係でトラウマを経験したり、失恋を経験したりすることは、執着的な行動の原因になるのです。これらの経験が、新しい関係に対する不信感や恐れを引き起こし、相手をコントロールしようとする欲求を生み出すことがあります。

3. 自己価値感の問題

自己価値感の低さや自己評価の問題は、異性への執着につながることがあります。自分を十分に愛し、受け入れていない場合、他人からの承認や愛情が必要不可欠に感じられます。このため、異性に執着し、その承認を得ようとするのです。

男性に執着してしまう人の6つの特徴と克服方法

男性に執着してしまいがちな人の特徴をみていきたいと思います。

常に男性の注意を引こうとする

男性に執着してしまいがちな人は、常に自分をアピールしがちです。会話や行動の中で、異性からの注意を引くことに集中し、自己主張が強くなりがちです。これが過度になると、相手を圧迫してしまいます。

克服方法

自己肯定感を高め、他人からの承認を必要としない自信を持つことが大切です。趣味や興味を追求し、自分の魅力を内面から発揮することで、自然な関係が築けるでしょう。

過度な猜疑心を抱く

執着的な人は、相手が自分に興味を持っているかどうかを常に疑いがちです。小さなことから大げさに考え、不安を抱えることがあります。これが続くと、関係が疲弊してしまいます。

克服方法

信頼とコミュニケーションが鍵です。猜疑心を減らすために、相手とのオープンかつ誠実な対話を重視しましょう。信じることから始め、不安を和らげる努力が大切です。

片思いで過去の失恋にこだわる

異性への執着が強い人は、過去の恋愛経験に執着し、それを未だに引きずりがちです。これが新しい関係を築く障害となります。

克服方法

過去を振り返り、その経験から学びましょう。前向きな気持ちで新しい恋愛に取り組むことが、執着を軽減するのに役立ちます。

自己犠牲をしすぎる

執着的な人は、相手に自己犠牲をしすぎることがあります。自分を犠牲にして相手を満足させようとするため、バランスを崩しやすくなります。

克服方法

自己愛を持つことは重要です。自分自身の幸福も大切にし、相手との関係が互恵的であることを意識しましょう。

相手の行動に過剰に反応する

男性への執着が強い人は、相手の行動に対して過剰に反応しすぎです。小さなことにも大きく反応し、相手を困惑させることがあります。

克服方法

冷静な判断を保つことが重要です。感情をコントロールし、相手の行動を過度に読み込まないよう心がけましょう。

自分の幸福を相手に依存する

最も重要な特徴の一つは、自分の幸福を異性に依存する傾向です。自分の幸福が相手の存在に完全に左右されるため、関係にプレッシャーをかけます。

克服方法

自分自身の幸福と充実を追求し、異性に依存しない自立した存在を目指しましょう。自分の幸福は自分で築くものであり、相手の存在はそれを補完するものと考えることが大切です。

異性への執着を克服することは、健康で持続可能な関係を築く第一歩です。自分を知り、成長し、バランスを保つ努力を惜しまず、豊かな恋愛と人間関係を築いていきましょう。

執着は「人」「お金」を断ち切るだけでは解決しない

「感情」を手放すと執着も消える

執着しているのは、「人」や「お金」なのではなく、それに映し出されている「感情」です。

執着が生じる背後には必ず「強い感情」が存在しており、多くの場合ネガテイプな感情です。

どんな人も、恋人と別れれば、喪失感を味わい、お金のありがたさを知れば、無くなった場合の不安を覚えます。

しかし、その感情があまりに強く、心の処理ができないでいると、その感情にとらわれたままの状態、つまりは執着が生じます。

人やものへの執着は、そういった感情の表れで執着の対象となっている人やものには、処理できなかった感情をどうにかしようと、あがいている心の様が映し出されていきます。

何かに執着していることに気づいたら、まずは、その対象に映し出されている感情を見つめることが、とても大事なのです。

では、執着を引き起こす感情には、どんなものがあるか、次のチェックリストであなたのネガティブな思考パターンがあるかどうか見てみてください。

  • 私は誰からも愛されていない。
  • 私は魅力的ではないから、頑張らないと愛を手に入れられない。
  • 私を好きになってくれる人はいない。
  • 相手の心がだんだん別れていくように思う。
  • 私よりも素敵な人はたくさんいる。
  • 私と一緒にいると、相手は不幸になってしまう。
  • 私は相手に迷惑をかけてしまう。
  • 私とつき合う人は浮気する。
  • 私はいずれ見捨てられ、ひとりぼっちになる。
  • 私には愛される資格がないので、ずっと孤独のままでいい。
  • 私はあまり役に立つ存在ではない。

処理しきれないネガティブな感情は、すべてが執着の引き金になる可能性があります。

人やものを手放すだけでは解決できないので、執着に映し出される感情をケアするのが重要です。

執着はネガティブ感情によって起きる

パターン①

怖れと不安

身近なものへの執着に必ずあると言っていい感情は「恐れと不安」です。

・将来への不安から、貯金に執着する人。

・恋人を失う怖れから、恋人に執着する人。

・仕事を失う怖れから、今の職場に執着する人。

・孤立する不安から、周囲に合わせ場の空気を読むことに執着する人。

・不安から目をそらすために、買い物やお酒に執着する人。

怖れや不安は、私たちが最も嫌う感情の1つです。

執着してでも、恐れや不安を回避しようとするのです。

先ほど紹介した「貯金」「恋人」「仕事」「人間関係」は怖れの対象であると同時に、「あれば安心」という対象でもあり、不安と安心感は表裏一体です。

パターン②

怒りへの執着ー自分を否定された痛み

裏切り、傷心、攻撃、あるいは何らかの被害に遣った場合、私たちは怒りや憎しみ、恨みつらみを感じます。

その感情はとてもインパクトがあり心にずっととどまりやすいものです。

怒りや憎しみ、恨みつらみの感情の奥には、必ず心の痛みがあります。

心理学では、怒りの感情のことを「ほんとうの感情を隠すための蓋」と表現します。

今も心が痛み続けているために、その痛みを覆い隠し、感じなくしようとして、怒りに執着し続けています。

パターン③

現状への執着ー変化への恐怖

例えば離婚したくないといった、妻は夫ではなく「既婚者」という立場に執着していたり、転職に踏み切れない人は、仕事ではなく「会社」という居場所に執着していたりしていることがあります。

何故かというと、それは、自分の人生に大きな変化が起きることに、大きな抵抗を感じているからです。

進学や結婚、就職や転職など、人生を大きく変えるイベントでは、新たな環境に慣れるまでに大きなエネルギーが必要になります。

こういったイべントは誰もが経験してきていますが、なかには変化へ対応するたびに、心身を非常に消耗させてしまう人もいます。

今がどれほど不快でも、未来にどれほどの幸福や解放感が待っていても、変化を乗り越えることを怖れ、現状に執着してしまうのです。

パターン④

過去への執着ーモニュメント(過去の栄光)と仮定法

人は過去の成功体験をなかなか手放せません。

過去の成功体験で得た栄光のことを、心理学では「モニュメント」(記念碑)と呼びます。

その成功が華々しいほどモニュメントは大きく、その後の人生を縛られてしまいます。

モニュメントにとらわれていると、自分の現状を客観視できなくなります。

例えば「最後に徹夜でやれは十分間に合う」と思って、必要な勉強を終えられずに試験日を迎えたりすることです。

モニュメントは成功体験に基づいていますが、なかには失敗した体験、つまり、手か届くところにあったにもかかわらす、何らかの要因で「手に入らなかったもの」にも、執着してしまうことがあります。

「あのとき告白していれば、つき合えたかもしれないのに・・・」

「もう少し頑張って勉強していれば、志望校に入れたかもしれないのに・・・」

つまり、「もし〇〇だったら、××だったのに」と仮定法で考えてばかりいると、惜しがる気持ちが執着へと変わってしまいます。

あなたは「〇〇」と「××」に入ることを、無限に想像できます。

後悔が大きいほど、それは切実な内容になり、さらなる後悔を引き出します。

あなたは自分を苦しめる仮定をし続けてしまいます。

パターン⑤

嫉妬への執着ー自信のなさと自己嫌悪

嫉妬に執着する心を分析すると、そこには必ずと言っていいほど、「自信のない自分」と、「そんな自分が大嫌いな自分」が現れます。

何かにつけて、「どうせ私なんて」と自己嫌悪が強く、自分を自ら否定しているときに、私たちはついそんな言葉を発してしまいます。

しかし、嫉妬は、怒りと同じくらい大きなパワーが必要な感情です。

そこまでのエネルギーを費やして嫉妬するのは、大好きだからです。

また、幸せな結婚をしようと思っていたり、仕事を一生懸命頑張っているからですし、みんなと明るく接して人間として、もっと輝こうと願っているからこそです。

それは、長所です。

嫉妬する心の裏には、長所や価値、魅力が隠れています。

パターン⑥

「ダメな自分」への執着

否定的な言葉ばかり出ます。

客観的に見れは自信を持っていいはずなのに、心は自分の価値を見出せず、いつも劣等感を感じ続けているのです。

「自分には価値がない」と思う感情のことを、「無価値感」と言います。

無価値感か強いことで、どこに行っても、人に対して引け目を感じてしまっています。

無価値感を持ち続けるのは苦しいものです。

にもかかわらず抜け出せないのは、「ダメな自分」に執着しているからです。

でも、いったいなぜ「ダメな自分」に執着してしまうのでしょうか。         

頑張りを無視され、成果を否定され、「今のままではダメだ」「もっと頑張れ」と、鞭を打たれるように育ったことがあるためです。

自分のダメなところ、足りないところ、劣っているところはかりに目を向ける癖がついてしまっているからです。

両親が認めてくれるまでは、自分を認められない。

それも、執着なのです。

怒り、怖れ、嫉妬などのネガテイプな感情に、幸せになるためのヒントがあります

執着を手放し、恋愛もプライベートも大切にできる

それでは、執着を手放しプライベートを上手く過ごすためのアドバイスをいくつかご紹介します。

自己理解をしましょう

自分自身を理解し、受け入れることは、執着を手放すための重要なステップです。

自分の欠点や過ちを受け入れ、自分自身を許すことで、より穏やかで幸福な状態になれます。

バランスを取りましょう

仕事や責任を果たすことは大切ですが、プライベートな時間を大切にすることも同様に重要です。

時間管理をし、自分自身に対するケアや興味深い趣味に時間を割くようにしましょう。

バランスのとれた生活は、執着を手放すためにも必要です。

毎日のマインドフルネス瞑想を実践しましょう

マインドフルネス瞑想は、執着を和らげるために有効な方法です。

日常生活の中で、呼吸や五感を意識しながら集中する瞑想を取り入れてみてください。

これにより、過去や未来への執着から解放され、現在の瞬間をより深く感じることができます。

健康な関係を築きましょう

プライベートな時間を充実させるためには、健康な関係を築くことも重要です。

家族や友人とのコミュニケーションを大切にし、支え合う関係を築きましょう。

良い関係は、心の安定と幸福感をもたらします。

執着を手放し、プライベートな時間を充実させるためには、自己受容、現在に集中、バランス、マインドフルネス瞑想、健康な関係の築築が重要です。

これらのアドバイスを実践することで、より充実したプライベートな生活を送ることができるでしょう。

執着を手放さないと結婚できない訳とは?

 結婚は多くの女性にとって、人生の中で最も夢見る瞬間の一つです。

しかし、なかなか執着を手放すことができず、結婚できない人がいます。

続いて、結婚に向けて執着を手放す重要性と、その方法について詳しく説明していきます。

恋愛の世界における魅力的な冒険を一緒に楽しんでいきましょう。

執着を手放さないと結婚できない理由

過剰な期待

執着心を手放さないと、理想的な結婚相手に対する期待が高まりすぎてしまいますね。

心の中で築いている理想像は、しばしば現実とは異なるんですよ。

この過剰な期待が現実と合致しないと、がっかり感や不安が生まれて、結婚をうまく進めるのが難しくなるでしょう。

理想を持つことはいいことですが、現実的な期待も持つことを心掛けましょう。

恋愛のプレッシャー

執着心が強すぎると、恋愛におけるプレッシャーが高まることがありますね。

相手に過度な期待や要求を押し付けてしまうと、相手は逃げてしまう可能性が高まるんです。

恋愛は自然体で楽しむべきものであり、相手に対する過度なプレッシャーは魅力を減退させてしまいます。

相手を愛し、尊重することは大切ですが、相手に圧力をかけないように努力しましょう。

自己肯定感の低下

執着心が強いと、自分に自信を持ちにくくなってしまいますよ。

自分に自信を持たないと、他人に対して過度に依存し、結婚を急ぐ傾向が生まれるかもしれません。

自己肯定感が低いと、自分を愛し、他人を信じることが難しくなってしまうんです。

自己肯定感を高めるためには、自己啓発やポジティブな自己評価の練習を積極的に行いましょうね。

執着を手放すことで結婚できる理由

では、執着を手放すことにより何故結婚できるようになるのか理由を説明したいと思います。

理由は次のとおりです。

執着を手放すことで自己成長できるから

執着を手放すことは、自己成長の一環なのです。

自己成長を促進することで、自己肯定感が高まり、自信を持つことができるんです。

自己成長を通じて、自分自身をより深く理解し、自分を受け入れることができるようになりますよ。

自分を好きになることが、他人に自信を持ち、魅力的に映る第一歩なんです。

自己成長を通じて、あなたは自分自身に感謝し、誇りに思えるようになることでしょう。

執着を手放し、リラックスして楽しむことができるようになる

執着から解放されると、恋愛を楽しむことができるようになるんです。

リラックスし、相手との時間を楽しむことができるようになり、相手にも魅力的に映ること間違いなしです。

過度な執着は、恋愛をストレスフルなものに変えてしまうんです。

恋愛は楽しいものであり、その過程を楽しむことが大切なんです。

相手と一緒に過ごす時間をリラックスし、喜びを見つけるようにしてくださいね。

執着を手放し、相手から自立することができる

執着を手放すことで、自立した女性としての魅力が増すんです。

自分自身が幸せで充実している姿勢は、結婚相手にとって魅力的なのです。

自立した女性は、自分自身の幸福を築いており、相手に対しても依存心が少ないため、健全なパートナーシップを築くことができるようになります。

自立は、結婚生活においても重要な要素であり、自分の幸福を追求し、同時に相手を尊重する能力を示すことなんですね。

執着を手放す具体的な方法

それでは、執着を手放す具体的な方法について説明したいと思います。

具体的な方法は次のとおりです。

自己愛を育むようにする

自己愛を育むことは、執着を手放すための重要なステップですね。

自分を愛し、自分自身に対する思いやりを持つことは、自己肯定感を高め、執着から解放される鍵なんです。

自分自身に対するポジティブな感情を育むために、以下のアクションを試してみると良いでしょう。

日記を書く

日々の感情や成長を記録し、自分の内面をより深く理解するようにすることで、気持ちを整理することができるんです。

自己肯定感の高めるアファメーションをする

毎日自己肯定感を高めるポジティブなアファメーションを唱え、自分に対する信頼を高めることができますよ。

趣味や情熱を追求する

自分の趣味や情熱に時間を割り当てることで、自分を肯定的に感じる機会を増やすことができるんです。そうすることで自信が身に付きますよ。

目標を持つ

結婚以外にも達成したい目標を持つことで、恋愛に対する執着が和らぐんです。

自分の人生に幅を持たせ、幸福を多角的に追求することが大切ですね。

目標を設定し、それに向かって進むことで、自分の価値観と自己実現を強調します。

これにより、結婚に対する執着が相対的に軽減され、恋愛をより健全に楽しむことができますよ。

余裕を持つようにする

恋愛に余裕を持つことは、実は執着を手放す鍵なんです。

相手に圧力をかけず、リラックスした雰囲気を作ることが大切ですね。

余裕を持つためには、さらに以下のアクションを考えてみると良いですね。

  • ストレスを管理する ストレスが執着を増加させる原因となったりするので、ストレス管理のテクニックを身に付ける。瞑想や深呼吸などの方法が効果的です。
  • 自己ケアを大切にする 自己ケアは執着を和らげ、自己愛を高める重要な手段なんです。趣味、エクササイズ、友人との時間を大切にし、自分を癒やしましょうね。

執着を手放すことで、結婚を含むあらゆる側面で自分自身の幸福を追求し、健全な関係を築く鍵となるんです。

恋愛に執着せず、自分自身を愛し、自分の幸福を優先することで、理想的なパートナーと出会うチャンスを高めることができますよ。

結婚は特別な瞬間であり、その日が訪れることを楽しみにしながら、自分自身を愛し、成長し、常にリラックスすることですね。

そして、未来のパートナーと共に新たな冒険を楽しむ用意をしてください。

恋愛の世界は広大で美しいものであり、執着を手放す勇気を持つことで、その魅力を最大限に活用できます。

自分を愛し、幸福を手に入れ、素晴らしい結婚生活を築くための第一歩を踏み出しましょうね。

執着を手放し、結婚が上手くいくための秘策とは?

それでは続いて執着を手放したあとで、結婚が上手くいくための秘策です。

以下に、執着を手放せたあなたに向けて、結婚をより良いものにするためのアドバイスをいくつかご紹介します。

自己受容と自己成長を大切にする

自己受容は、自分自身を愛し、自分の欠点や過ちを受け入れることです。

結婚においては、相手に求める前にまず自分自身を受け入れ、成長し続けることが大切です。

相手の独立性を尊重する

相手が自分とは別の個人であり、独自の興味や目標を持っていることを認識しましょう。

執着を手放し、相手の個性や自由を尊重することで、結婚生活が円滑に進むでしょう。

コミュニケーションを大切に

結婚生活では、お互いの気持ちや意見をしっかりと伝え合うことが重要です。

適切なタイミングで話し合いをし、お互いに理解し合うことで、互いの関係が深まります。

妥協と柔軟性を持つ

結婚生活では、常に自分の主張や欲求を通すことは難しいです。

相手との妥協や柔軟性を持つことで、お互いの幸福を追求することができます。

信頼関係を築く

結婚は信頼に基づいた関係です。

お互いに対して信頼を持ち、裏切らないよう努めましょう。

信頼がある結婚生活は、より幸せな関係を築くことができます。

プライベートな時間を大切に

結婚しても個々のプライベートな時間を確保することは重要です。

お互いに趣味や友人との交流など、自分自身の時間を大切にすることで、結婚生活がよりバランスの取れたものになります。

結婚の目的や価値観を共有する

結婚生活を成功させるためには、お互いの結婚の目的や価値観を共有することが重要です。

将来のビジョンや目標について話し合い、一致点を見つけることで、結婚生活がより意味のあるものになるでしょう。

執着を手放すことは、結婚生活をより幸せにするために必要なステップです。 上記のアドバイスを参考に、お互いに尊重し合い、成長し合う結婚生活を築いてください。

結婚するために、執着を手放しスタートを切りだす!

執着を手放し、スタートするには行動も必要です。

再スタートするためにいろいろな方法を以下に書いてみました。

結婚相談所 確かなサポートと信頼性

結婚相談所は、真剣な出会いを求める方におすすめです。

プロのカウンセラーがあなたの理想や要望をヒアリングし、その情報をもとに最適な相手を紹介してくれます。

信頼性が高く、結婚に真剣な方が多く登録しているため、将来のパートナーを見つける確率が高まります。

無料ご紹介体験実施中!【結婚相談所フィオーレ】

マッチングアプリ 自分のペースで気軽な出会い

忙しい現代社会では、マッチングアプリが手軽で効果的な出会いの手段となっています。

自分のスケジュールに合わせて利用でき、多くの異性とコミュニケーションをとることができます。

アプリを通じて趣味や価値観が合う相手と出会えば、自然な流れで新しい恋愛が始まることでしょう。

会員数は国内最大級の180万人を突破!【paters】

恋愛占い 自己理解を深めて理想の相手を知る

恋愛占いは、自分の内面を深く知り、理想の相手や相性を把握するのに役立ちます。占いを通じて得られる洞察は、自分の気づいていなかった魅力や要望を浮き彫りにし、それを活かして新しい出会いに繋げることができます。自分を知ることで、相手とのコミュニケーションもより円滑に進むでしょう。

星ひとみ☆幸せの天星術

組み合わせて使うこともおすすめ

これらの手段を組み合わせて使うことで、より効果的な恋愛の始まりを迎えることができます。例えば、結婚相談所で真剣交際相手を見つけ、マッチングアプリで気軽にコミュニケーションをとりながら相手を知り、恋愛占いで自分自身を見つめ直す。組み合わせることで、より理想的な出会いが訪れる可能性が広がります。

復縁・不倫・結婚・片思い…人には言えない悩みはチャット占い・電話占いアルカナ

自分を大切にし、楽しむことを忘れずに

どの手段を選んだとしても、大切なのは自分を大切にし、楽しむことです。新しい出会いは新たな冒険です。プレッシャーを感じず、ポジティブな気持ちで恋愛を楽しんでください。自分の幸せを追求する過程が、素敵な恋愛の始まりとなるでしょう。

新しい恋愛の扉が開かれることを心よりお祈りしています。幸せな恋愛があなたを待っていますように。

まとめ

今回は執着を手放すことで、仕事も結婚もすぐにできる人になる秘策について解説しました。

もうすでにあなたはどのような執着をもっているかどうか知ることができました。

そして、気づいていますか? あなたはもう、自分が少しずつ変わり始めていることに、きっと気づいているまずです。

もう、あなたは傷つくことはありません。

あなたが必死でつかんでいるものを手放すことで幸せはどんどん入ってくるはずです。

今回、ブログを読んで頂いた方が、執着に気づき、手放すことで新たな人生を送られるよう、このブログが一助になれは幸いです。

参考図書

根本裕幸 「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本 株式会社 学研 プラス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次